できないからふられた

高校の時、バイトしてたスーパーで知り合った他校の男子と付き合っていた。私は高1、彼は高2、私がずっと理想だった年上の彼だった。

彼とはバイトの休みを合わせたり、バイトの終わり時間を合わせてデートした。渋谷に行ったり、池袋に行ったり、映画に行ったり、公園に行ったり、でもファミレスとかでドリンクバーだけで何時間も話するだけで十分幸せだった。

ある日、駅でバイバイしようとしたらキスされそうになった。びっくりして拒否してしまった。でもまだ付き合って1ヶ月だしと思ってたし怖かった。その夜びっくりしてごめんってメールを送った。

彼と話し合ってやっとキスした。私は初めてのキスだったので泣いた。彼は頭を撫でてくれたけどなんか知らないけど私は泣いてしまった。
それから彼はよくキスしてくるようになった。でも他の人が見てる気がしたし、外でしたら恥ずかしいと思って拒んだ。

でもそれがいけなかった。私はふられてしまった。彼は私をふって別の女の子と付き合いはじめた。ていうかそれはバイト先で一緒に働いてた女の子だった。私は何度かキスとかについて相談した子だった。

彼女は私が彼を拒みすぎたからふられたって知っていた。だからか、私が見えるところで彼とキスをして見せつけてきた。さらに更衣室とかで2人きりだと腰痛いとか言ってきた。

凄く辛かった。それ以来彼氏とかつくれていません。

どんな話をするメル友になるのか

出会い系サイトでメル友を作るためには、どんな会話をするのかがポイントになってきます。
普通であれば共通の趣味などの話題で盛り上がれるように、アプローチをする相手を選んで、
メールの差出人を決めるのではないでしょうか?
ところが、そういったことを考えずに数撃ちゃ当たる的な感覚でメールを出す方も居るでしょう。
そんな時に返信が来た場合、もちろん嬉しいことでしょうが、メールの会話の内容に困りませんか?
共通点のない相手とメール交換をする場合、取り敢えず自分の趣味の話題を軽く話してみるといいでしょう。
もちろん、深い話に入って行かないように気をつけて下さいね。
女性があなたの趣味に対して質問をしてくれる可能性もあるでしょうし、
女性が自分の趣味について話をしてくれるかもしれないですよね。
彼女の趣味が分かった時点で、相手の趣味の話題というメールのネタが出来るわけです。
自分が好きな事を話して、相手が興味を持って聞いてくれるという事は、女性も嬉しいに決まっていますよね。
もちろん、女性があなたの趣味に関心を持ちいろんな事を聞いてくれれば、
こちらもついつい話が膨らんでしまいそうですが、そこで長文なメールを送るのは危険ですね。
男性は自分が知っていることを相手に聞かせたいという習性があります。
女性がちょっと聞いただけなのに、読むのも遠慮したくなるメールが来たら引くでしょう。
知識が豊富にあったとしても、一度の書くのではなく何度かに分けて書きましょう。
そうすれば、メールの回数も増やすことができます。
30代のメル友攻略で
出会い系サイトでメール交換をして、進展が見込めそうな女性が30代出会った場合には、
当然、20代の女性と同じような方法でアプローチをしても上手くは行かないでしょう。
30代の女性の場合、 自分の年齢からくる弱気な部分が見えてくる年頃になります。
しかし、自分ではまだまだ若い、大丈夫という心の中での葛藤というものが渦巻いています。
ですから、男性が女性にメールを送るときには、若さというものを認めて上げるのがいいでしょう。
女性のメールから、自分はもう若くはないので……、こんな気持ちが伝わって来た時には狙い目です。
女性が喜びそうな言葉をメールの中に加えて上げてください。
だからといって、大袈裟で明らかなお世辞めいた内容は逆効果になります。
相手の顔やスタイルなど見たこともない容姿を褒めたところとで意味はありません。
メールの文面から伝わる印象や気持ちなどの若さを褒めてあげましょう。
更に30代の女性というのは過去の恋愛を懐かしく思い出す人も多くいます。
このような女性が相手であれば、当時に流行った歌や映画、TV等の話をネタにすると、
とても盛り上がって楽しくメール交換が出来るようになります。
代金では、当時のヒット曲を集めたCDなんかもたくさん売られていますし、
DVDを借りてくればヒット作も簡単に見ることができます。
「この映画見た?懐かしいよね〜」なんて、映画や音楽に交え当時の思い出を話すのもいいでしょう。
このような盛り上がるメール交換をしている時には、返信はすぐに返すことです。
タイムラグが発生すると相手としては自分の話に興味が無いのかと不安になるでしょう。